災害時の衣食住を守るための日ごろからの備えとは

あなたの衣食住を災害時でも守る為に知っておきたい枢要なメソッド

>

どこで過ごすべきなのか災害時の住まいについて考えてみよう

命を救う意識と備え

非常用のライトとして懐中電灯を用意している方もいるかもしれません。
確かに避難生活を送るために懐中電灯やランタンは便利ですが、避難時は適切ではありません。
避難時は両手が使えるようヘッドライトが必要です。
避難時にどこに行くのが良いのか、どんな服装が良いのか今のうちに調べておくのが良いでしょう。
今は地盤についても簡単に調べることが出来ます。
また避難先として適切な場所は災害によって異なりますので、地震や火事、台風が起きた時にそれぞれ何処が良いのか把握しましょう。
そして、一度でも良いので実際に足を運び自宅からよく行く場所から避難先までどのくらいかかるのか、近くにどんな建物があるのか確認しておきましょう。
そうすることで少しでも余計な体力を使わずに、少しでも冷静に行動出来るようになります。

日頃から備える大切さ

災害時の生活はキャンプに良く似ています。
物が落ちてこないように日頃から家の中を整理する、非常食の準備をする、避難場所へのルート、服装を決める、家族と連絡する手段、落ち合う場所を決めるということも大切ですが、生活する能力も必要です。
そこでご家族で住まわれている方に特にオススメなのが、サバイバルnightの実施です。
衣替えのタイミングに合わせ防災グッズを整え、一時避難先へ実際に歩き、入れ替えを兼ねて非常食を食す。
そして寝袋やテントで就寝する。非常食の入れ替えもできますし、使用方法の確認もでき、災害時のストレスを軽減することも出来ます。
何より、ゲーム感覚で子供たちも抵抗なく訓練でき、用意していた物が実は不便だったという確認も出来きます。日頃の意識を変えあなたに合った災害時の衣食住を守るための行動を考えてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る