災害時の衣食住を守るための日ごろからの備えとは

あなたの衣食住を災害時でも守る為に知っておきたい枢要なメソッド

備えて安心を手に入れよう

災害は春夏秋冬、日中夜いつ発生するかわかりません。 着ている服や靴は想像することは難しいかもしれませんが、災害時に清潔に、また体温を保つために何ができるのか。 インターネットが使えない状況でも落ち着いて対応できるように今のうちに調べ、プリントアウトして避難用バックに入れて置くことをオススメします。

まずは衣食住の中で一番身近な存在の衣類について考えてみよう

災害時に必要なものというと何を思い浮かべますか?
飲料水、ヘルメットやソーラー充電機、ラジオ、ヘッドライト、軍手など考えるとキリがないですよね。
もちろん、一人で持てる量も限られています。
災害時は最低3日間、援助がなくても過ごせる用意が必要と言われています。
衣食住を守ることも大切ですが、情報を得ることも大切です。
情報を得る手段はラジオや携帯・スマートフォンを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、安心してラジオやインターネットで情報を見聞きできる場所の確保が必要です。
避難所や避難場所に行けば、多くの情報やラジオやインターネットでは得ることのできない情報を得ることができるかもしれません。
ご自宅や職場、学校等、よく行く場所の近くにある避難所(指定避難所)・難場所(指定緊急避難場所)がどこにあるのか知らない方は、この機会に調べて把握してください。
また、ご存知ではない方も多いかもしれませんが、避難所は一時的に滞在する施設。
避難場所は命を守る為に緊急的に非難する場所で土砂災害と大規模な地震では指定場所が違いますので細かく調べると良いでしょう。
そして、ご家族と一緒に住まわれている方は連絡が取れない時に集合する場所をそうで無い方は会社が提供している災害伝言板のやり方を決める事も大切です。
家族や仲間と情報を得る手段を知っているだけで0より遥かにマシですよね。
それに建物から無事に避難できたとしても、行く場所がわからず余計な体力を使ったり、誰とも連絡が取れず心労が増える。
そんなリスクを減らす準備も必要ではないでしょうか。
本サイトをきっかけに、災害時の衣食住を守る為に必要なものは何かをあらためて見直してはいかがでしょうか。

命を守るために食すとは何かを考えてみよう

いつどんな災害が発生するかわかりません。 水道やガス、電気がない中での生活を余儀なくされるかもしれません。 今、水道やガス、電気が使えない状況で家にあるものだけで3日間過ごすことができますか? その時が来る前に、備蓄をしながら上手に暮らすライフサイクル、習慣を身につけてはいかがでしょうか。

どこで過ごすべきなのか災害時の住まいについて考えてみよう

災害時の住まい。 それは避難できる場所、就寝できる場所を確保すること。 そして、その場所で少しでも安心して過ごす為に何が必要なのか、どんな方法でどんな風に向かえば良いのかを考えて置くことも住まいを獲得する為に必要な要素です。 この機会に一度だけでもシュミレーションをしてみませんか?

TOPへ戻る